できない自分を受け入れる

2018年6月21日 夏至

気にしない人は気にしないし、気にする人は気にする日

私は後者

 

昨日から「何がやりたいか」「何がやりたくないか」を瞑想して神さま(本来の私)に聞いていました。

 

そうしたら今私に必要なのは「何ができるか」「何ができないか」を重要視して!ってメッセージがきました。

 

私、負けず嫌いなんで自分は何でもできる!って思ってて。
他の人ができるんなら私もできる!って、ずっとそういう風に生きてきて。

 

会社でも「これできます?」って言われたら「できます!」って即答していたし、そして実際できちゃう(笑)
そしてさらにそれを苦とも思わない!!

 

勉強とか資格とか、趣味のお教室でも、セミナーでもなんでも「れいさんはすごいね」「なんでもできるね」って言われ続けてきた。(ダンスは落ちこぼれて挫折したけど( ;∀;))

 

でもついに時は来ました。人生のそぎ落としに入った感覚がやってきてます。

 

私にもできないことがある!!

 

これってサッカーでゴールを決めるとか、飛行機を操縦するとか、ミスユニバースに出るとか、当たり前だけどそういうことじゃなくて(笑)

 

心情としてできない!ってやつね。

 

やった方がいい!ってわかってるのに心ができない、物理的にできない、状況的にできないってことってある。

 

私はずっと自分にもクライアントさんにも「できない理由」じゃなくて「できる」にはどうしたらいいかを探すように言い続けてきた。今でもそのスタンスは変わらない。でもそこにはもっと奥にカラクリがある。

 

それは自分自身の心の奥底を見ていけばわかることで、
①本当の本当はやりたいのに何かしら理由をつけて「できない理由」を探すのと、
②本当は違和感があってやりたくない、やる必要がないと判断したから「できない」と言うのか。

 

その違い

 

私は違和感があってやりたくないのに、やった方がいい、やった方が得だから「できる!」と自分に発破かけてやってきたんですね。でももうそれはやめた、やめると決めた。

 

だから皆も違和感があるならやめたほうがいいよ、
でも、ただ逃げてるだけだったらやった方がいいよ、

 

損してもいいよ、
こんなにお金かけちゃったとか、時間かけちゃったとか
間違った選択しちゃったけどもったいないからとか、

 

いいよ、それ。
宇宙は損とか得とかないし。

 

っていうか、自分が損とか得とか思わなければそんなもの存在しないし。

 

自分の感覚がわからない、自分の感覚を信じていいかわからない、
自分が決めたことが流れに沿っているのかわからないという人は

 

心を曇りなく純粋にしよう!と神さま(あなたのこと)に求めながら日々を生きていくこと

 

心をどんどん純化させること、純化させたら望むことが起きるんじゃなくて、純粋になりながら望む人生を創造していくこと。

 

ここでいう「純粋」って「本音」のこと、「自分の感覚」のこと。

 

地球レベルでいう「負け」たって「損」したっていいよ
それ、本当は存在しないから♬

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP