豊かに楽しく幸せに暮らしたい。お金の心配をしたくない。

私は、豊かに楽しく幸せに暮らしたい。 お金の心配をしたくない。
やりたいことをやったり、好きなものを買ったり、孫達にも好きな物を買ったり、
家族の誕生日に、お祝いして一緒に過ごしたい。一緒に旅行へ行きたい。

娘も、せっかく孫の世話をしてアパートにいるので、一緒に世話をしたり孫達と遊んで暮らしたい。
土日は、息子の孫達も来るので 一緒に楽しみたい。 主人に稼いでもらってって決めたのに、
主人が、目肩腰なども辛く 長距離の仕事がきたら、(トラックの運転手) 会社に辞めると言ったりで、

私が稼がないと何かしないとと焦ってしまう。私が、間違っているのかなと…。

本当は、私は働きたくないのに。
色々な本やブログをみて、『動かないと』となっているし…私は、どうしたらいいのか!?

埼玉県・M.Mさま

メールありがとうございます^^

 

ご自身の望みははっきりしている

それを叶えるためには自分がやりたくないことをやらなければならない
と思っていらっしゃるということですね。

 

M.Mさんは働きたくないんですよね、働かなくていいですよ~

 

豊かな生活を送るためには自分が稼がないといけないという設定を解除しましょう。
「豊かな生活」と「自分が稼ぐ」を紐づけないでいいです。

 

ご主人に稼いでもらうって決めてるのであれば、それを貫いてください。

 

いろいろな本やブログには『動かないと』となってるとのことですが、、、

 

そうですね、言葉というのはパワーがありながら、時に受け手によって、また発信者によっても
その言葉にどんなエネルギーを乗せているかで解釈が全然変わってきます。

 

同じ「動く」でもベースが「怖れ」なのか「愛」や「ワクワク」なのかでそのプロセスと結果は全く変わってきます。

 

もし、M.Mさんが働くことに対して少しでもワクワクする気持ちがあるのであれば動いてみるのもいいと思います。

 

でも天秤にかけてみて、働きたくないと体感するのであればやめたほうがいいです。

 

じゃあ、夫は会社辞めるかもって言ってるし、どうすればいいの?!
って感じだと思うんですが、現状を見てそれに対して不安になったり、
どうにかしようとするのは、結果的にそれを持続させることになってしまいます。

 

ですので、まずは今ある幸せに対して感謝して楽しむことです。もっとこうしたい!ああしたい!というのはもちろんあると思うんですが、だからといって挙げて頂いたことが、今全くできていないというわけではないですよね?

 

理想通りではないかもしれないけど、可愛いお孫さんと一緒に過ごす時間があって大事な家族も元気に過ごせてますよね(ご主人様は目肩腰がお辛いけれども)

 

望むこととと現状のギャップがあるかもしれませんが、現状の足りない部分を見て、それがないから欲しい未来を望むのと、現状がとても満足しているから、もっとそれを望むのとでは後者の方が望み通りになっていくんですね。

 

人間の心情として足りないから望むのは当たり前の感覚と言ってしまえばその通りなんですが、
そうだとしても足りないから望むことをしている限りは、その状態が100%続いてしまうんです。

 

だから通常人は『行動』でそのギャップをカバーしようとするんですね。
足りないをベースにしていてもなにかしらの行動をすることで確かに理想にはちょっとずつ近づくことはできます。

 

でもその望む状態を手に入れるまでに疲弊して燃え尽きてしまいます。
特に女性は。

 

男性はがむしゃらにやっていくこともできる人が多いんですが、女性は自分の感覚と違うと必ずどこかに支障が出てきてしまいます。自分自身ならまだしも大事な人にも影響が出てきてしまうことも多いんです。それは嫌ですよね。

 

M.Mさんには丹田呼吸法によるイメージングが最適です。
これは現状と理想のギャップがありすぎて、どうしても足りない方に注意が注がれてしまう場合に大変効果的な願望実現法です。

 

新しいメルマガ 『神さまに甘える「 設定してオーダーして受け取る」だけの3ステップ引き寄せ法無料メール講座』のStep4でイメージング法を紹介していますので、是非騙されたと思ってやってみてください。

 

今こんな状態なのにイメージングだけで、どうやって豊かになれるのか、お金がやってくるのかと思うかもしれませんが、それはM.Mさんの仕事ではなく宇宙の仕事です。私たちは希望をオーダーして、その状態になりきっていればいいんです。プロセスは宇宙の仕事なので、こちら側があれこれ考えるとブレてしまいます。

 

宇宙からの素晴らしいアレンジを楽しみにしていてください^^

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP